ある 日 どこ か で 映画。 ある日どこかでのレビュー・感想・評価

ある日どこかでのレビュー・感想・評価

🐲 老女エリーズが懐中時計を渡したのが1972年だから、60年もコリアーのことを想っていたことになる。 パガニーニの主題による狂詩曲がそんな二人を象徴していた。 劇作家を志すミルフォード大学の学生リチャード(クリストファー・リーヴ)の処女作が初演され大成功をおさめた後のパーティで、彼は見知らぬ老婦人から声をかけられた。

16

ある日どこかで

🌭 午前十時の映画祭にも選定されているくらい評価の高い映画だったんですね、全然知らなかったです。 必見の愛の物語であった。

17

ある日どこかで

👉 目を覚ますと、リチャードは1912年に時間旅行していた。

ある日どこかで|MOVIE WALKER PRESS

☝ そして初めてのキス。 思えばそれが現実になる。 脳に暗示をかけるそうです。

6

ある日どこかで

🤘 いつの間にか懐しいミルフォードに来ていた彼は、グランド・ホテルに宿をとった。

ある日どこかでのレビュー・感想・評価

🤑 彼が自由の身になったのは公演を終え劇団がホテルを去った後だったが、うなだれる彼の前に、劇団と別れホテルに残っていたエリーズが現われる。 この映画、だいぶ前から知っていたのだが、なんとなく見逃していたが、人生で見逃せない1本であった。 時代的に恋愛が時間をかけて自由にするものではないのかもしれないが、会って幾ばくもないのに恋ではなく思いつめた純愛になっているのは違和感があった。

14

ある日どこかで

👌 日本では、2010年2月6日より開催された「」 主催:映画演劇文化協会 の上映作品50本の中に、『ある日どこかで』は選ばれている。 アーサーからその女性がエリーズ・マッケナ(ジェーン・シーモア)という当時の人気女優であることを聞き出したリチャードは、町の図書館で彼女についての記録を見つけ、彼女が8年前の老婦人であることを確認する。 なお、『ある日どこかで』の香港でのタイトルは、『』である。

14

ある日どこかで

☯ 『ある日どこかで』の撮影された1979年当時は、「 映画用35mmフジカラーネガティブフィルムA エース タイプ8517 」が、輸出されていた。