六甲山 神社。 六甲比命神社

六甲比命神社

🤭 廣田神社の奥宮ともいわれ、古来祈雨の神として庶民の崇敬を集めました。 また、荒深道斉氏は、この三国岩の北側の川西邸内に北座(奥座)があるが、原形を失ってしまっていると記している。

5

六甲比命神社

🙂 まさに天孫族。 古くは六芒星と呼ばれるダビデの星の外形は正六角形であり、亀の甲羅形状をしています。 しかしながら、険しい山岳地帯でもなく、さほど標高も高くない六甲山地がなぜ修行の場として、聖地化されたのでしょうか。

7

磐座神社

🤭 時代の流れと共に、古代の民が求める聖なる都の場所は、淡路島の東方にあたる奈良盆地の周辺に目が向けられるようになっていたのです。

六甲比命講

🤙 2キロメートル延ばすと、で紹介した祈りの磐座(北緯34度45分59. また、祠脇の縁起書には「繁盛の神」と説かれている。 神宝を守護するのは「岩なる神」ご自身であるという宗教観を元に、巨石と磐座の文化が列島内に広がりを見せることになります。

11

六甲山 比命神社(兵庫県)に瀬織津姫!

🖕 そこには太陽石を中心とした環状列石や、火の用心石、方位石などがあり、それぞれが特定のパターンに従って並べられていると推定されます。 それらの磐座は聖なる場所として古くから崇拝され、「祭神は巨岩にして倚塁、甑のごとし。 たくさんの点から選択すれば、直線は簡単に成立してしまう。

16

2020年 六甲山神社

🙌 5キロのところに在り、大正6年7月16日 に廣田神社の境内に移転したが、戦災後は本社に合祀していた。 「この三国岩は六甲山の分水嶺であり、かつては武庫、莬原、有馬三郡の境界点でもありました。