ナイルパーチ の 女子 会。 水川あさみ×山田真歩、女性同士の友情を鮮烈に描く『ナイルパーチの女子会』ドラマ化|オリコンニュース|徳島新聞

『ナイルパーチの女子会』|本のあらすじ・感想・レビュー

😎 ナイルパーチとは、スズキ目アカメ科アカメ属の肉食魚。

11

彼女の友情が私を食べ尽くす──「女子会」を内側と外側から考える 『ナイルパーチの女子会』 (柚木麻子 著)

👎 いやぁ…栄利子は正しいんです。 女性の方は決して他人事と笑えない、きっと全身が反応してヘトヘトに疲れるかもしれません。 全体的にドロドロしていて読了には体力を使いますが、読み終わった後に「友達がいなくても大丈夫」と、少し心が軽くなりました。

ナイルパーチの女子会

😜 同性の友達がいないという共通点を持つ二人は、急速に親しくなっていくが、あることがきっかけで二人の関係は思わぬ方向へ進んでいく…。

13

彼女の友情が私を食べ尽くす──「女子会」を内側と外側から考える 『ナイルパーチの女子会』 (柚木麻子 著)

🙄 水川あさみさんは同性の友情に恵まれているイメージが強いですが、生真面目で律儀な栄利子にも重なる部分があり、改めて彼女の表現の奥行きに唸らされました。

女の友情が巻き起こす悲劇を描く『ナイルパーチの女子会(柚木麻子)』感想

😎 かつての黒歴史がぽわん、ぽわんと浮かび上がってきて、思わず頭を抱えそうになりました…。 栄利子は独特なキャラクターですが、栄利子が友達欲しさに暴走する時に動く感情や、女性なら誰もが持っている、見られたくない心の闇を水川さんなら丁寧に、そして生々しく体現できる、と強く思ったからです。 日本でも昔は「スズキ」「白スズキ」などの名でも 販売されていたようです。

6

水川あさみ、衝撃作「ナイルパーチの女子会」で“女友達ゼロ”の高学歴美女に

😉 「おひょうのダメ奥さん日記」というタイトルのSNS日記を愛読している。 でも大げさすぎるからこそエンターテイメントとして成立して楽しく読めるというのがあるかもしれません。

18