ね ws。 株式会社TRCワークシステム

WaveSpectraを用いた歪率の測定について

🤘 BWF(Broadcast Wave Format)フォーマットのファイルに対応。

株式会社TRCワークシステム

☺しかし、ノイズ成分があまり大きくない一般的な場合には、特に問題にならない程度だと考えられます) 3 FFTサンプルデータ数について FFTサンプルデータ数による違いについてまとめてみました。 また、最初の実行時、描画方法の自動設定ウィンドウを実行するようにした。

ウィンドウスタイル

😁 (巻戻し と 早送りは、押し続けると加速する)• その場合は V1. 精細位置指定機能(分析モード)の位置指定ウィンドウにおいて、マーカー機能を 100個まで記録&表示できるように増やした。

10

ウィンドウスタイル

⚒ 目盛りの上では サンプリング周波数 Fs 100~10MHz まで、FFTサンプルデータ数 128 まで対応。 各図の最大値MaxのdB値が(Flat top窓を除いて)本来の -3dB ではなく、またさらに窓関数によって微妙に違うことと、周波数が 1000Hz ではなく 996. コマンドラインからのファイル演奏に対応。 (THD 0. サンプルデータ数を増やさないと高調波が分離できていないことがわかります。

19

高速リアルタイム スペクトラムアナライザー WaveSpectra

😆 これ関連し、Peakボタン、Avgコンボボックスの設定が INI ファイルに保存されているにもかかわらず、次の実行時に再現できていなかったのを修正。

20

高速リアルタイム スペクトラムアナライザー WaveSpectra

🤣 TrackBar で位置を変える時の応答を高速化。 作成した信号をWSで再生して歪率を見てみます。

ヴァイスシュヴァルツ|Weiβ Schwarz

🤚 (実際そうです) これはFFTサンプルの切り出し部分と窓関数による見かけの成分であり、信号自体には存在しない物だからです。

ヴァイスシュヴァルツ|Weiβ Schwarz

✊ (分析モード:分析位置精細指定機能。 "FFTに最適化" した場合についても見てみます。 録音時、ウィンドウタイトル(WSではレベルメーターやリサジューウィンドウでも同じ)をマウスで掴んだままにするなどして負荷を与えた場合に音飛び状態になることがあったのを改良。

2