ウィン スロー 孔 ドレーン。 開腹術後の腹腔内のドレーンの管理と目的とその種類

ウインスロー孔ドレーンの排液について教えてほしい|ハテナース

♨ ドレーンは手術を行った部位に留置する 開腹手術の術後は 腹腔ドレーンを留置することが多いですが、 手術を行った部位に留置します。

4

開腹術後のドレーン管理【いまさら聞けない看護技術】

😁 わき漏れがないかどうかも確認しましょう。 ・排液量が多い場合には脱水や電解質異常へ移行することも考慮します。 この部分は腹膜の折り返し地点になっており、そこには網嚢と呼ばれる部分があります。

ウインスロー孔ドレーンの挿入場所について知りたい|ハテナース

👣 ・ベッドに戻った際の排液バックのつるし方なども併せて指導が必要です。 そして、その死腔となる骨盤腔に閉鎖式ドレーンを挿入することになるのですが、そのドレーンが挿入される部位が会陰部になるんですね。 胆嚢の内面には網状のひだが突出し、丈の高い単層円柱上皮でおおわれる。

12

ウインスロー孔ドレーンの挿入場所について知りたい|ハテナース

☕ やはり医師へのコールが必要です。 バイタルサイン• 1-2【ドレーン留置目的】 ドレーン留置の目的は、術後出血・縫合不全・腹腔内膿瘍・膵液瘻に対する情報を得るも のでありますが、トラブル発生時には抜去されずにそのまま治療ドレーンとして使われま す。 脾臓や膵体尾部を合併切除した場合は膵尾部や膵断端からの膵液漏の危険性が高くなるため、左側より左横隔膜下へのドレーンが追加されることがあります(図4)。

16

ウインスロー孔ドレーンの排液について教えてほしい|ハテナース

🚒 排液中に含まれる細菌の量が、下部では上部よりはるかに多いためです。

7

ウインスロー孔ドレーンの挿入場所について知りたい|ハテナース

✇ また、術直後は短期間で排液の量や性状が変化する場合があるため、頻回な観察が必要です。

手術室の腹腔ドレーンの留置部位の根拠と目的を手術別に解説!

😘 ・漿液性液体であった排出液が膿性液体に変わった場合 逆行性感染、あるいは胸腔内に感染巣発症が疑われます。 腹腔内の治療経過や 術後の情報を得るために、ドレーンを入れて手術を終えるのです。

開腹手術の名脇役ドレーンを有効に使うために

😝 通常は時間経過に伴って、性状は血性から淡血性に変化し、排液量も減少し、自然にされる。

2