源氏 物語 車 争 ひ 現代 語 訳。 紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 乙女

能・演目事典:葵上:あらすじ・みどころ

🤚 ポケプロ仏和 0• 山岸徳平「源氏物語の諸本」山岸徳平・岡一男監修『源氏物語講座 第8巻』有精堂出版、(昭和47年)、pp. あちらへ行ってここにいる以上の平和な日があるものとは思われないよ」 お泣きになりながら、こう女房たちに宮は言っておいでになった。 隙・・・すきま。

3

高校の宿題で源氏物語の「車争ひ」を読んでくるのがあります。い...

🖖 「いかし」は恐ろしく荒々しいさま。

10

平家物語 八(第四)

☎ 浅葱 ( あさぎ )の 袍 ( ほう )を着て行くことがいやで、若君は御所へ行くこともしなかったが、五節を機会に、好みの色の 直衣 ( のうし )を着て宮中へ出入りすることを若君は許されたので、その夜から御所へも行った。

「車争」に関するQ&A

🙄 またとなく体裁が悪く、悔しく、何のために来てしまったのだろうと思うが、どうしようもない。 源氏は絵なども整理して姫君に与えるのであったが、 須磨 ( すま )で日記のようにして書いた絵巻は姫君へ伝えたいとは思っていたが、もう少し複雑な人生がわかるまではそれをしないほうがよいという見解をもってその中へは加えなかった。

17

源氏物語『車争ひ』現代語訳(1)(2)

☎ 言い尽くせない(いろいろの)願をお立てになられるせいであろうか、無事に後産も終わったので、比叡山の天台座主や、(その他)あれこれ貴い僧たちが、得意顔に汗をふきふきしては急ぎ退出した。

9

蓬生(源氏物語)|新編 日本古典文学全集|小学館

💅 ) 【語 句】 さるべきほど・・・そうなるはずの時期。

6

「源氏物語:車争ひ〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

☭ 同じ法が広く伝えられていても、個人個人の趣味がそれに加わってでき上がった薫香のよさ悪さを比較して 嗅 ( か )ぐことは興味の多いものであった。 かねては・・・以前は。 幾人かの腹から生まれた子息は十人ほどあって、大人になって役人になっているのは次々に昇進するばかりであったが、女は女御のほかに一人よりない。

1

源氏物語~葵~

💅 行きめぐりても・・・何度も生き変わっても。 一月の末のことで、公私とも 閑暇 ( ひま )な季節に、源氏は 薫香 ( くんこう )の調合を思い立った。

10